とうとう決断したんですね。

2012.9.15|外国為替 海外投資 資産運用

このエントリーをに追加
Check

とうとう決断したんですね。為替のことです。

 
ネットビジネス複業プランナーの井口晋作です。

 

 

とうとうFRBがQE3(追加緩和策第3弾)の実行を

決断しました。

随分長い期間引っ張っていましたが、とうとう決行ですね。

 

 

まぁ、これまでに「やるぞ、やるぞ」と散々脅して、

事前の根回しもおこなったうえでの決行。

 

 

そして、これによって何が起こったのかというと、

 

1,短期金利に関してはゼロ金利政策を2015年のなかばまで

延長するということは予想通りとなった。

 

2.経済が改善するまで資産を購入するという声明が

打ち出されたことにより、無制限にやるぞという決意が

表わされていると受け止められた。

 

3.これによって、マーケットはサプライズ型の反応となり、

米国株価は上昇した。

 

4.日経先物も9,040円まで高値を伸ばした。

 

5.原油相場、ゴールドなどのいわゆるコモディティが

全面高となった。これはリスクマネーが増える見込みが

立ったことによるものである。これは通貨としてのドルの

実質価値の減退が促されたためである。

 

 

【為替相場】

ドル安が進んでドルは全面安。ドル円は77円台の前半まで

落ち込んだが、その後リスク選好的な地合いが継続する中で、

77.80円近辺を上抜けて78円の大台を回復しました。

 

 

【東京市場】

株価の一段高となっり、日経先物は昨日の高値を越えてきて、

9,080円まで高値を拡げた。

 
【そして今後は、、、】

今週は国内での重要指標として、日銀金融政策決定会合が

予定されています。

これらの流れを受けて日本は3連休に入るが、その後の18-19日で

日本も欧州米国に引き続いての日銀の追加緩和策に期待が

持たれています。

QE3実施からの円高圧力懸念を払拭できるか注目されています。

この記事にコメント

トラックバックURL