グーグルドライブ 導入編

2012.9.25|クラウド・ストレージ

このエントリーをに追加
Check

グーグルドライブ 導入編

 

 

ネットビジネスで場所を問わずに複業する場合どこでもファイルが必要になる場合があります。

クラウド・ストレージはそれを可能にしました。

 

————————————-

概要

 

グーグルドライブは2012年4月から提供されだした、

新しいサービスです。

特徴として

 

▽無料で5ギガバイトまで利用可能

 

▽Gメールユーザーなら会員登録無しで、すぐに利用できる。

ということはアンドロイド利用者はだれでもすぐに利用可能。

 

▽他のクラウドストレージ同様の機能は備えており、それ以外の

独自機能が注目されている。

 

▼約40種類のファイルを保存・閲覧できる。

通常では対応ソフトがなければ開くこともできない

PSDファイル(アドビのフォトショップで作成したファイル)

なども、グーグルドライブに入れてしまえばウェブブラウザー

上にて閲覧することができる。

 

▼グーグルドライブ上で文書が作成できるウェブアプリの展開。

これはウェブ上で利用する独自形式の文書作成ソフトである。

これを展開することにより、共同編集できるようにしておけば、

各自が様々な場所から、ひとつのファイルを作成することが

できる。

 

 

————————————-

導入方法

 

グーグルドライブのトップ画面にて、ログインする。

Gメールのアカウントとパスワードを入力すればOKです。

もしくは、Gメールを利用している状態で上部の『ドキュメント』

と書いてある箇所をクリックすればグーグルドライブに入ることが

できます。

 

専用ソフトをインストールすることができるので、自分のパソコン

にはインストールしておくほうが便利です。

 

専用ソフト導入後はデスクトップに専用フォルダーのショート

カットアイコンが作成されるので、こちらからグーグル内の

マイドライブを確認することができます。

 

インストール後は、タスクトレイにグーグルドライブの

常駐アイコンが出現するので、アクセスが容易になります。

 

専用ソフト、ブラウザー、でのアクセスに加えて、やはり今時は

スマートフォンでもアクセスできるようにしておくべきです。

 

スマートフォンの場合はブラウザーを利用してアクセスすることも

可能ですが、アンドロイド、iphoneともに専用アプリが用意されて

いるのでインストールしておきましょう。

 

スマホからは写真だけでなく、ワードやエクセルで作成した

ファイルも見ることができます。

 

 

これでグーグルドライブに保存したファイルがどの環境でも閲覧

することが可能になりました。

この記事にコメント

トラックバックURL