日本人の投資方法

2012.9.12|資産運用 資産運用心構え

このエントリーをに追加
Check

日本人の投資方法
ネットビジネス複業プランナーの井口晋作です。

 

 

お金には5つのステージがあるのです。

1、『稼ぐ』

2、『貯める』

3、『動かす』

4、『守る』

5、『継承する』

でしたね。

 

 

日本人は、60歳から65歳で引退、

そして第二の人生で退職金を持って、いきなり投資家にデビュー。

 

 

それまでまったく勉強してないんだから

いきなり勝てるわけがありません。

 

 

お金を稼ぐより、お金を維持し続けていくほうがはるかに難しく、

お金持ちでい続けるためには、投資の勉強が不可欠です。

投資というのは大儲けするためのものではありません。

ビジネスによってできた原資を減らさないように、

少しでもお金に働いてもらえるよう投資をおこなうのです

お金持ちになったから投資をしているのではありません。

投資をしながらお金持ちになるんです。

 

 

大概の人が言っている『投資』というのは、

ほとんどの場合『投機』になってしまっています。

その2者の何が違うのか。

投資というのは、最初から結果が決まっているものを言うのです。

 

 

アメリカと日本の国民性の違い。

日本の成功者は忙しいのが自慢ですが、

アメリカの成功者は自由です。時間を自分の自由に使えるというこ

とです。お金も自由に使えるということです。

 

 

ある大金持ちが言っていました。

世界基準の投資に向いているのは日本人という国民性です。

通常いわれるような投資ではなく、世界基準の投資です。

世界の投資のルールを徹底的に覚えることができれば、

日本という国は本当に素晴らしく、

日本人は本当に優秀なので力を発揮できるはずです。

海外に出れば日本と日本人の素晴らしさを実感します。

 

 

しかし、世界で唯一日本人だけが

世界の投資のルールを知らされていないのです。

政府によって、政治によって、

世界基準の投資ルールが

日本国民にまで伝わらないようにされています。

法律によって世界の投資ルールが利用できないように、

国民を縛っています。

この情報化社会でも、

法律で規制されればやり切ることは難しいと思います。

それでも大金持ちたちは方法を知っています。

自分たち富裕層にしか知らされていない投資の方法を。

 

この記事にコメント

トラックバックURL