複業に便利 スカイドライブ導入編

2012.9.27|クラウド・ストレージ

このエントリーをに追加
Check

 

ネットビジネス複業プランナーの井口晋作です。

 

スカイドライブはマイクロソフトが運営しており、無料で7ギガの
クラウド・ストレージを利用することができる。

 

当初はスカイドライブもウェブブラウザー上でのファイルの
クラウドサービスであったが、今では専用ソフトも使えるように
なった。

 

 

スカイドライブを利用するためには、マイクロソフトの
アカウントが必要になります。

 

ホットメールのアドレスを持っていれば、そちらを利用すれば
OKです。お持ちでなければ、新規でマイクロソフトのアカウント
を取ることでスカイドライブとホットメール両方を利用できます。

 

 

このスカイドライブは、マイクロソフト社が運営している
だけあって、他のクラウドサービスにはない特徴的なサービスが
2つある。

 

 

スカイドライブに保存した書類をブラウザーで直接、閲覧・編集
できる。他の形式のファイルで開けるのではなく、本来の
エクセル・ワード・パワーポイント・ワンノートの4つの形式は
変更することなく、そのまま編集が可能です。

 

オフィスソフトが入っていないパソコンでも、文書を編集、
もちろん新規作成も可能です。

 

 

専用ソフトを使うことによって、自分のパソコンにスカイドライブ
でアクセスできる機能がある。

 

そうすることによって、クラウド・ストレージにある7ギガの
ファイルだけでなく、元のファイルがあるパソコンから
ダウンロードすることができる。その際、容量は限られることは
なく、つながっている分だけ利用することができる。

この記事にコメント

トラックバックURL