韓国との問題は、

2012.9.18|未分類

このエントリーをに追加
Check

韓国との問題は、

 

ネットビジネス複業プランナーの井口晋作です。

 

早朝よりデモ隊がガラス玉や鉄球を日本大使館に

打ち込んでいたのが発覚した。

そして、大使館のとった行動、、、『遺憾の意を伝達』

政治だとこれで通じてるんですね。

 

 

ほんとに?

『遺憾の意』を表すと先方はそれに対して

ちゃんと文明的な対応をしてくれるんだ。

 

中国に対してそれで成り立ってるんでしょうか。

今回の尖閣諸島問題による領土問題から始まった両国の対立。

どちらに正義があるのか。

 

当然、どちらの国にも言い分があり、

それぞれの国のメディアではそれぞれ自国の有利なように

論点を持っていっていることだろう。

 

この尖閣諸島問題によって

領土問題が日本国内でもトップニュースとして意識されている。

 

 

これにあおりを食ってしまったのが、

竹島問題のある韓国との国交関係である。

 

 

韓国として『冬のソナタ』を始めとして

自国のコンテンツを日本に輸出することに大成功した。

現在も少女時代やKARA他にもBIG-BANGなど、

グループとして音楽コンテンツの輸出に、これまた大成功である。

 

 

それだけではなく精密機器においても、

サムスン電子やLG電子など世界的に大成功している。

これは国策としてのウォン安により、輸出が強くなり、

良い製品を安くで輸出することができていて、これも当たっていた。

 

 

こうやった正攻法で大成功してた韓国なのに、

領土問題が勃発してからはどんどん韓国離れの日本になっている。

 

 

韓国への旅行ツアーもどんどんキャンセルされている。

今まで韓流といって、日本のメディアも乗っかっていたのだが、

いまとなっては嫌韓の流れになってきている。

 

中国の尖閣諸島問題がなければ

ここまで嫌韓の流れはなかったのではないか。

 

 

ゴルフ業界ではまだまだ韓国人選手が強い。

日本人選手も外国人選手を寄せ付けないくらい、

せめて国内での強さは欲しいものです。

この記事にコメント

トラックバックURL